탑메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단 메뉴 바로가기

회원사서비스
member seervice

  • 회원사서비스
  • 회원사소식

회원사소식memberservice

 Home > Member Service > 会員社News

会員社ニュース及び行事をお知らせします。
会員社News
タイトル : OK貯蓄銀行、1社1校金融教育の展開···有望株の正しい金融習慣の定着を支援する
会員社 : OK貯蓄銀行 作成日 : 2020-07-31
-OK貯蓄銀行-安山デザイン文化高校、「1社1校」姉妹提携を結び…55年間の支援が続く
- 7月22日、60人余りの学生を対象に制作した教材で金融専門教育を実施
- OK貯蓄銀行、「未来の金融消費者である有望株の正しい習慣形成を積極的に支援する」


OK金融グループの系列会社であるOK貯蓄銀行(ジョン・ギルホ代表)が、未来の金融消費者である有望株を対象に、金融専門教育を展開している。今後OK貯蓄銀行は、生活の中の金融ノウハウ、金融詐欺や振り込め詐欺などの教育を展開し、有望株らの正しい金融習慣形成の支援や社会への貢献活動の展開を続けていく方針だ。


OK貯蓄銀行は28日、京畿道安山市にある安山デザイン文化高校のセミナー室で今月22日に「1社1校の金融教育」を実施したと発表した。


教育に先立ちOK貯蓄銀行は2016年に安山デザイン文化高校と姉妹提携を結んでから5年間、1社1校金融教育を続けている。こうした教育は、普段から国内外の有望株育成のために奨学事業を展開している崔潤OK金融グループ会長の意志から始まった。


特に、円滑な視聴覚教育のためテレビを寄贈する一方、校内のチアリーダーサークルを招待し「OK貯蓄銀行ラッシュ·アンド·キャッシュ·プロバレーボール団」で公演する機会を提供するなど、様々な種類の支援も並行して行っている。

この日、講師を務めたOK貯蓄銀行のキム·チャンス顧客満足チーム長は、「生活の中の金融ノウハウ」をテーマに△金融機関の種類と特性△財務設計△小遣い記入帳の作成による予算計画の樹立△信用管理の重要性△住宅請約総合貯蓄の紹介--などの内容を説明した。


その後△金融詐欺の種類および被害の現状△ボイスフィッシング事例△ボイスフィッシング予防および対処法など、最近流行中の金融被害に関する有望株の警戒心向上のための教育も同時に行われた。


特に、国際公認財務設計士(CFP)などを保有するOK貯蓄銀行の内部専門家が、教育課程に活用される教材を、高校生の目線に合わせ、直接制作した。また、教育終了後は生徒たちからフィードバックを受け、これを教育に直ちに反映するなど、生徒のニーズに合わせた教育進行のために邁進している。


安山デザイン文化高校インターネットビジネス科3年5組のハン·スルギ生徒は「OK貯蓄銀行の講義を通じて普段なかなか知ることができなかった金融関連知識を得ることができ意義深かった」とし、「インターネット検索では理解しがたい金融知識を直接現場に従事する方を通して理解しやすい時間だった」と評価した。


続いて「今後学んだ金融知識を社会に出てぜひ活用してみたい」と付け加えた。


OK貯蓄銀行の関係者は「1社1校の金融教育は正規のカリキュラムでは学べないが、日常生活に必要な金融関連情報を提供できる良い機会」とし「今後も未来の金融消費者である有望株たちの正しい金融習慣形成のために積極的に支援する」と述べた。