탑메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단 메뉴 바로가기

회원사서비스
member seervice

  • 회원사서비스
  • 회원사소식

회원사소식memberservice

 Home > Member Service > 会員社News

会員社ニュース及び行事をお知らせします。
会員社News
タイトル : OK貯蓄銀行、「愛の温度」で全国を熱くする
会員社 : OK貯蓄銀行 作成日 : 2018-11-02
- ソウルはじめ、全国7つの地域の従業員3千人参加して、年末社会貢献大祭進行
- 今年社会貢献祭り19回迎え...キムチ、練炭から地域住民と一緒に寄付物品製作まで様々



OK貯蓄銀行(代表ジョン・ギルホ)が一ヶ月間鞍山をはじめと江原、大田、釜山、ソウル、済州など全国7地域で「OK貯蓄銀行の年末社会貢献大祭」を開催する。

困っている人の越冬を助けようと企画されたこのイベントには、毎年OK貯蓄銀行、OKキャピタルなどアプロサービスグループに所属役職員3千人参加している。 1999年から始めて、今年19回目を迎えた社会貢献大祭は疎外された隣人のためのキムチ、練炭分割から地域住民と一緒に寄付物品製作のイベントまで、多彩な活動を披露する計画だ。

今年最初の社会貢献大祭の山地域キムチ作り行事は来る11月3日に開催され、安山市ボランティアセンターとサン市民が一緒に集まって「OK貯蓄銀行ラッシュ・アンド・キャッシュバレーボール団」のホームスタジアムである鞍山常緑樹体育館で行われる。この日、社員が心を一つに丹念に漬けた20トンのキムチは年末までに山の地域に居住している社会的弱者層に伝達される。

以降、ソウルでは、環境保護・改善の重要性を仕事ケオジャという趣旨で老後地域の環境浄化活動を実施し、安宿の住民のための練炭運ぶ奉仕も広げる計画だ。大田地域では、市民と一緒に寄付物品の作成、釜山では老朽アパートの祭典などOK貯蓄銀行は11月の一ヶ月間、全国の地域社会と一緒に呼吸して暖かさのタッチを広げる予定だ。

OK貯蓄銀行ジョンギルホ代表理事は「年末年始を迎え、困っている人に温かい贈り物になることができる真正性宿る社会貢献活動を広げていく計画」とし「OKと私たちの社会のすべての真心が集まり、今年の年末は、より多くの疎外階層が体と心が温かい冬を過ごすことを願ってほしい "と所感を伝えた。