탑메뉴 바로가기 본문 바로가기 하단 메뉴 바로가기

회원사서비스
member seervice

  • 회원사서비스
  • 회원사소식

회원사소식memberservice

 Home > Member Service > 会員社News

会員社ニュース及び行事をお知らせします。
会員社News
タイトル : ホテル王国ロッテ、アジア3大ホテルで登板!
会員社 : ロッテホテルソウル 作成日 : 2018-07-20


ロッテホテルは、全世界にロッテホテルの名前を刻んでグローバルチェーンに拍車をかけている。また、全部門にわたるQuality-Upのための哲学に基づいて、より洗練された洗練された品質のサービスと設備を介して「アジアのトップ3ホテルブランド」に進入するという計画である。

国内地元ホテルのブランドの中で最も積極的にグローバル市場を攻略しているロッテホテルは、2013年に開館したロッテシティホテルタシケントパレスと2017年に開館したロッテホテルヤンゴンを委託経営方式で運営し、さらに注目されている。委託運営は、所有者は、別にありホテルは経営だけ務める方式である。ホテルは、自社ブランドを共有し、経営ノウハウと体系的なシステムでの所有者のホテルを運営してくれる代わりに手数料を受けたり、売上の一部を持って行く。これはリスクを最小限に抑えながら、ブランド価値を高めることができ、マリオット•スターウッドなど、世界的ホテルチェーンが古くから使用された方法で、国内の多くのホテルが海外チェーンホテルに手数料を支払っている。これに対し、ロッテホテルは成功海外進出にロイヤリティを受けるホテルチェーンに成長しており、今後も直接投資方式を超え委託経営に海外事業モデルを拡散させていく予定である。

▶グローバルホテルチェーンの飛躍のための活発な海外進出、海外11件のホテル運営
ロッテホテルは、2010年の「ロッテホテルモスクワ」概観をはじめとウズベキスタンのタシケント(2013)、ベトナムホーチミン(2013)とハノイ(2014)、グアム(2014)、ニューヨーク(2015)、ミャンマーヤンゴン、サンクトペテルブルク、日本の新井(2017)が、今年、ロシアサマラとウラジオストク(7月オープン予定)まで進出し、現在、国内19社、海外11のロッテホテルを運営している。
特に国内ブランドホテルで初めて米国の商業、金融、貿易の中心地であるニューヨークに約8,700億ウォンを投資してホテルを開館したのは、アメリカやヨーロッパ地域にロッテホテルの存在を刻印させることができる機会であった。ロッテニューヨークパレスは2018年4月フォーブストラベルガイド(Forbes Travel Guide)主管の「世界で最も魅力的なホテル21(21 Hot Hotels Around The Globe)」、「USニュース・アンド・ワールド・リポート(US News&World Report)」主管」 2018年、ニューヨークの最高のホテル(The Best Hotel in New York City)」の3位に選ばれ世界的に有名チェーンホテルの角逐場であるニューヨークで最高級ホテルで、その価値を改めて認められ、国内の代表地元ホテルのブランドとしての地位を世界経済の中心地ニューヨークで高めている。ロッテニューヨークパレスは、米国の人気ドラマ「ゴシップガール」の背景であり、最近のマイクポンペイオ米国務長官がキム・ヨンチョル、北朝鮮労働党副委員長との会談のために記者会見を持ち、改めて注目受けた。

2018ワールドカップが開かれるロシアでの活躍も目覚ましい。すでにモスクワとサンクトペテルブルクのホテルを運営しており、ロシア内の有名ホテルブランドとして知られているロッテホテルは、4月、ロシアウラジオストク現代ホテルの買収手続きを完了してリブランディングして、今年7月から運営する予定である。ヨーロッパで最も長い川、ヴォルガ川が流れる街、博物館の都市と呼ばれるほど多くの観光スポットを持つサマラでのホテルも運営している。これにより、ロシアの内でも極東地域で事業を拡大し、ブランドの認知度を一層強化する計画だ。
国内他ホテルが国内事業のみ留まっているのに対し、ロッテホテルは、海外への進出も積極的だ。2014年基準15ホテル、客室5,610室だったロッテホテルは、わずか4年ぶりに世界7カ国30のホテル、客室10,000室を運営する、国内を越えて世界の人々の愛を受けるホテルブランドとなっている。

▶完璧なホテルブランド・ポートフォリオの構築
ロッテホテルは、ターゲットとトレンドに合わせた様々なホテルブランドをローンチンぐして運営している。2009年、ソウル麻浦区に「ロッテシティホテルソウル麻浦」と、2011年ロッテモール金浦空港内に「ロッテシティホテル金浦空港」を開館し、2014年には、済州と対戦、ソウル九老三つの「ロッテシティホテル」ブランドを順番に披露し、国内のビジネスホテルブームを起こした。2015年には蔚山地域初のアップスケールビジネスホテルである「ロッテシティホテル蔚山」、2016年には「ロッテシティホテル明洞」をオープンし、現代的で洗練された設備を掲げ、ビジネス顧客をひきつけた。

2016年には、新しいライフスタイルホテルのブランド、L7を明洞で披露した。新しい経験とインスピレーションを与えることができる「開かれた空間」を志向するL7ブランドは2017年L7江南、2018年1月L7弘大を追加オープンしました。L7ブランドは感覚的で独創的な雰囲気でまとめられ、流行に敏感な若い顧客層をターゲットとしました週末の客室占有率が70〜80%に達するほど良い評価を受けている。

また、2017年に最高級のランドマークホテルブランドのシグニエルを蚕室ロッテワールドタワーに初めてローンチンぐした。シグニエルソウルはオープン8ヶ月ぶりの2017年12月に世界的旅行専門誌グローバルトラベラー(Global Traveler)が選定した「アジア最高の新規高級ホテル」部門1位を受賞し、名実共に韓国を越えてアジア最高のホテルとして位置づけられた。

リゾート部門の場合、済州との付与、束草に3つのリゾート、金海、済州、城主、付与に4つのゴルフ場を運営している。2017年には、国内の地元のホテルブランド初の日本の複合スキーリゾートである「ロッテ新井リゾート」オープンして一般的なマンションから高級リゾート、水遊び特化リゾート、ゴルフ場にスキーリゾートが加わり、各リゾート別の相乗効果を創出している。

このようにロッテホテルは、最上級のブランドである「シグニエル」、5つ星ホテルである「ロッテホテル&リゾート」、ライフスタイルホテル「L7」、プレミアムビジネスホテルである「ロッテシティホテル」、ロッテリゾートとゴルフ場まで、様々な顧客層の好みを満足させることができるブランドのポートフォリオを備え、ここで完璧なサービスを加えた「アジアTOP3ブランドホテル」として生まれ変わっている。